CATEGORY

投資の世界

  • 2022年8月3日

【1日1万円】負ける練習トレード【2022年8月2日8日目】

昨日に引き続き、1日1万円負ける練習のトレードの8日目です。 ※なぜこんな負ける練習をしているか、は初日の記事を参照してください。 7日目の8月1日(月)は好決算を発表したKADOKAWA(9468)1銘柄に絞り家族サービスの合間を縫ってジャストマイナス1万円を達成する離れ業でした。 この調子で8日 […]

  • 2022年8月3日

【1日1万円】負ける練習トレード【2022年8月1日7日目】

昨日に引き続き、1日1万円負ける練習のトレードの7日目です。 ※なぜこんな負ける練習をしているか、は初日の記事を参照してください。 6日目の7月29日(金)は好決算を発表したアドバンテスト(6857)1銘柄に絞り予想通りの値動きを逆で入ってピッタリ1万円を負ける完璧なトレード。しかも最短4分間で終わ […]

  • 2022年7月31日

【2022年7月実績】素人親父の投資 途中経過【人生初追証の危機】

7月は1日の大陰線スタートから見ると順調に右肩上がりの上昇を見せています。 ここ最近では日経平均も27,000円のラインを超えた所で高止まりし、横横しています。 これは歴史的な円安が関係していると思われます。 日本は輸出銘柄が多く、製造業などが恩恵にあずかっているのかなと。 また月の後半は決済発表す […]

  • 2022年7月30日

【1日1万円】負ける練習トレード【2022年7月29日6日目】

昨日に引き続き、1日1万円負ける練習のトレードの6日目です。 ※なぜこんな負ける練習をしているか、は初日の記事を参照してください。 5日目の7月28日(木)は好決算を発表したスクリーン(7735)1銘柄に絞る予定でしたが、もう一つの候補エムスリー(2413)の寄り前に置いておいた指値が忘れたころに約 […]

  • 2022年7月30日

【1日1万円】負ける練習トレード【2022年7月28日5日目】

昨日に引き続き、1日1万円負ける練習のトレードの5日目です。 ※なぜこんな負ける練習をしているか、は初日の記事を参照してください。 4日目の7月27日(水)は好決算を発表したバルカー(7995)の1銘柄に絞り、前場の1時間足らずでマイナス1万円を達成しました。 5日目もしっかり負けることができるでし […]

  • 2022年7月27日

【1日1万円】負ける練習トレード【2022年7月27日4日目】

昨日に引き続き、1日1万円負ける練習のトレードの4日目です。 3日目の7月26日(火)は全ての銘柄でプラスになるトレードをしてしまい、練習開始して初のトータルプラスとなってしまいました(+620円)。 4日目はしっかり負けることができるでしょうか。 2022年7月27日 1日1万円負けるトレードの1 […]

  • 2022年7月27日

【1日1万円】負ける練習トレード【2022年7月26日3日目】

昨日に引き続き、1日1万円負ける練習のトレードの3日目です。 2日目の7月25日(月)は一部の銘柄の手仕舞いタイミングを誤り-7,800円負けで1万円に届きませんでした。3日目はしっかり負けることができるでしょうか。 2022年7月26日 1日1万円負けるトレードの1銘柄目は ブイキューブ(3681 […]

  • 2022年7月25日

【1日1万円】負ける練習トレード【2022年7月25日2日目】

先日に引き続き、1日1万円負ける練習のトレードの2日目です。 1日目の7月22日(金)は見事に-9,900円を負けることができました。2日目も負けることができるでしょうか。   2022年7月25日 1日1万円負けるトレードの1銘柄目は クシム(2345)です。 黒三兵で続落中、黄色ライン […]

  • 2022年7月23日

【1日1万円】負ける練習トレード【2022年7月22日初日】

2022年7月20日、その日の日本市場は朝一の寄りから絶好調全面高の様相でした。 ファーストリテイリングなど大型株を筆頭にプライムからグロースまでどの銘柄もほとんど高値で寄り付き、日経平均は700円以上のプラスで引けたのです。 そんな中、私は前回反省しもう2度とやらないと心に誓った「飛びつき買いをし […]

  • 2022年7月4日

【2022年6月実績】素人親父の投資 途中経過【ダブルスコープ様様】

6月はアメリカのCPI(消費者物価指数)が予想に反して上昇していたこともあり、FRBの利上げが0.5%⇒0.75%に引き上げられました。 当然株価はこのネガティブサプライズに大きく反応。 せっかく2万8千円を超えていた日経平均も大きく窓を開けたながらわずか7営業日で2万6千円を割ってしまいました。 […]